--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月30日(水)

【茨城】渡舟/濾過前五十五生詰・純米吟醸《府中誉酒造》

本日は地元・茨城で人気の銘柄、府中誉酒造さんの「渡舟」です。

いや~お恥ずかしい。実は初めていただきます。
(^ω^;)ゞ・・・地元なのにね。

地元のお酒って、いつでも買えると思っちゃって、つい後回しに。。。
皆様に茨城のお酒をオススメできるように、体験いたしました。

渡舟01

「渡舟」という名前からお察しの通り、酒米は「渡船」を使用。
(船という字を変えてありますね。商標かなんかかな。)

「渡船」といえば、幻の復古米と言われております。
数十年前には絶滅品種だったそうです。

それをこちらの府中誉さんは県内からかき集め、
片手でほんのひと握り14gの種籾から少しずつ栽培を開始。

渡舟02

平成元年に初収穫したものの、たった12kgだったそうです。
それから地道に育て続け、ようやくお酒が仕込めるくらいまでになって、
平成8年には「渡船」で仕込んだ大吟醸が全国新酒鑑評会で金賞受賞!

なんとも素晴らしいお蔵さんじゃないですか。。。
今まで呑んでなくてゴメンナサイ。ってことで、早速~☆

とその前に。

渡舟03

濾過前ですって。ひとあじ違った表現ですね。(^^ )

では、カリカリカリ☆の4GBです。

ふんかふんか。。ムムッ!立ち上る香り。。。あま~い☆
複雑なフルーツ香。。。マスカットリンゴモモチョコもあります!
でも甘ったるいんじゃなくて、爽やかな感じですよ~。

呑んだ感じは。。。舌にピリリときますね。炭酸?辛み?
生らしいコクがあるものの、スッキリとしていて呑みやすい。
最後に少し渋みが前に出てきます。

渡舟はモロミをゆっくりと低温発酵させているのが特徴のようです。
そのへんがこの、コクとスッキリの共存を生んでいるのかしら。。。

しかもこれ、アルコール度15.5%なんですね。
う~ん、盃が進む。。。

渡舟04

次の日。うん、フルーティ感はさすがに初日のほうが強い。
でも旨みは今日の方が感じるな~。スッキリにふくよかさがプラスされたようです。

ですが4GB。敢え無く2日で終了~。(ノ∀`)

いや~おいしかったおいしかった!!
我が茨城県、いいお酒がいっぱいあるじゃないですか~。(無知)
これはぜひ、皆さんにも呑んでいただきたい。。。(笑)

最後にキャップ。家紋入り~。丸に五三桐。

渡舟05

☆spec☆

「渡舟 濾過前五十五 生詰 純米吟醸」 720ml 1575円

府中誉酒造:茨城県石岡市
HP:http://www.huchuhomare.com/
↑立派なHPです。蔵元便りには、田植えの様子も。。。

《蔵公表》

■原料米:渡船
■精米歩合:55%
■日本酒度:+2.0
■酸度:1.5
■アルコール分:15.5%

~*~おまけ~*~

旦那さんの地元・北海道から、採れたてアスパラガスが届きました。
今がちょうど旬らしいです。味が濃くて、うんま~い☆

アスパラ祭01

箱でもらって、毎日食べてますが、全然飽きません!
お取り寄せ、オススメですよ~☆(写真奥のごしゃっとした部分は見ないこと)

↓↓よろしければ、応援のポチください☆
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。