--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月30日(木)

【石川】奥能登の白菊/純米吟醸《白藤酒造》

ようやく9月に呑んだお酒に突入したのに、もう10月になっちゃいます。。。
1ヶ月のギャップが埋まらない。。。
しかも、9月は結構呑んでるんですよ。あわあわ。。

今日のお酒はこれ!

奥能登の白菊02

カネセ商店さんの8月の頒布会酒です。
白藤(はくとう)酒造さんの「奥能登の白菊」純米吟醸です。

なんだか、先日(9月上旬くらい?)放送された「はなまるマーケット」で、
ブラザートムさんが奥能登の白菊、紹介
していたそうです。

なんでも石川の地酒にはまってるそうで、数ある石川の地酒の中で
こちらをチョイスするトムさん、きっと相当呑んでますね☆

奥能登の白菊03

では開栓~、シュポーン☆

くんかくんか。。。お米由来の香りと、アルコールっぽい香り。
石川のお酒は、このお米っぽい香りが多いような。特徴かな?

アルコールでスーッとする香りと、生っぽいこってりした感じ
結構骨太なこってり感です。このへんも石川っぽい☆

と、思ったら旨みがブワッときて、あっ!という間に
スゥーっと溶けていってしまいました。


な、なんでしょうこれは。早い、展開が早すぎる。不思議だ。
グッ!ときてスゥー、です。(ミスター長嶋風。inoさん風とも言う。)

奥能登の白菊04

後に柔らかい酸が残ります。とてもなめらか。軽やかにも感じる。
あとにやや苦味が残りますが、ちょっとすればなくなりそう。

含み香はりんごっぽいです、蜜りんごのような甘い香り☆
味わいにもりんご風味、ブドウ風味もあるかな。

さっきの苦味は、やっぱ次第になくなって、フルーティさUP!

あとに喉にグッとくるアルコール感があります。この感じも石川っぽい。
ぬるんでくると、なめらかな甘みの余韻も☆

奥能登の白菊01

次の日の味わい。初日でも相当柔らかかったのに、さらにUP!!
甘みとお米の風味がベースにあって、やっぱりしっかりした味わい。
香りはフルーティ。りんご系ですかね。複雑でもバランスが絶妙!

苦味もアルコール感もおさまったので、スイスイグイグイ呑めます!

これは、今後もちょくちょく呑みたいお酒ですねえ。
燗もいいかも、、、食事に合わせて呑むのもいい感じです!

☆spec☆

「奥能登の白菊 純米吟醸」1800ml 3570円

白藤酒造:石川県輪島市
HP:http://www.hakutousyuzou.jp/

《蔵公表》

■原材米:山田錦40% + 五百万石60%
■精米歩合:55%
■アルコール分:16度以上17度未満
■酵母:K-10
■日本酒度:-1.5
■酸度:1.4

↓↓よろしければ、応援のポチください☆
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。