--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月03日(水)

【茨城】郷乃誉/純米吟醸・火入れ《須藤本家》

先日も書きましたが、わたしは茨城県に住んでいます。
茨城県に住んでいながら、地酒を何一つ知りませんでした(笑)
そういった意味でも、日本酒にハマってから、新しい世界がたくさん開けました。

そんなわけで、今日のお酒は茨城県にある
「須藤本家」の「郷乃誉 純米吟醸(火入れ)」(さとのほまれ)

satonohomare01

日本で最も古い蔵元で、創業は850年以上昔とな。時代でいうと、へ、平安末期!
須藤本家には「酒・米・土・水・木」という言葉があり、良い酒を造るには良い米が必要、
良い米を作るには良い土が必要、良い土を造るには良い水が必要、
良い水を作るのには木が必要という意味、だそうです。ごもっともです。

その為、須藤本家では木を切ることが禁止されており、蔵の敷地中にも約600本の樹木があり、
蔵の造設の際には切らずに植え替えをするそうです。

お水は敷地内の井戸水。これだけ木があれば、水も磨かれ、美味しくなりますね。

外国での評価も高く、下記の通り、華々しい受賞歴。

2009 International Wine Challenge Commended
  純米大吟醸酒 郷乃譽 無濾過・生々
2008International Wine Challenge Gold Prize
  純米吟醸酒 霞山 木桶仕込 無濾過 2003
2007 IWC(International Wine Challenge)3賞受賞
  Gold Prize 郷乃譽( 純米吟醸酒)火入れ
  Silver Prize 雪の舞 スパークリング
  High Commended 郷乃譽生もと純米吟醸酒 無濾過・火入

ちなみに純米吟醸または純米大吟醸しか作ってないそうです。

いや、前置きだけで書くネタがたくさんありますな。
つーかまーだまーだ書けるほどあります。
でもクドイのも何ですから、感想いきまーす。

正直、期待したほどではありませんでした(!!)

いやいや、世界が認めてるんだから、そんなこたぁない、
アンタの舌がバカ舌なんだろう、と。えぇ、えぇ。その通りでしょう。

味わいは、クリーミィというんでしょうか。お水がいい印象です。
やわらかい口当たりと、すぅっとした喉越し。

ただ、旨みが薄い。キレイすぎる。
旨みは米の味ですから、雑味でもあるわけです。
つまり、キレイに作りすぎて、わたしのようなバカ舌では、
まだ味わいを掴むことができなかった、というわけです。

さらに、きっと、その、華々しい受賞歴が、わたしの期待を膨らましすぎた、
という、メンタル的な残念さがあったかと。。。

もっとびっくらこくんだと思ったんだよぅ。(つд`;)

これは正直、あと一回、もっと経験を積んでから味わってみます。
地元茨城の、有名な蔵元の酒、、、リベンジしてやるZEEEE!

☆spec☆

「郷乃誉 純米吟醸火入れ」720ml1300円くらい

須藤本家株式会社:茨城県笠間市

《蔵公表》

■甘辛:辛口 ■原材料:米・米麹 
■原料米:契約栽培山田錦・美山錦 
■精米歩合:60% ■アルコール度数:15~16度 
■日本酒度:非公開 ■酸度:非公開


satonohomare02
satonohomare03


こんなレビューしか書けない奴ですが、応援お願いします(涙)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

オォ~茨城の酒だ

いつの間にやら、
ともにゃんさんのブログのテンプレートが
イメチェンしている。だいぶ雰囲気が変わりましたね。
あとこの蔵元さん歴史が古いですね。
創業が平安末期ですか!!
平安時代はどんなお酒だったのかな?
おそらくはどぶろくみたいなものだと思うけど、
興味津々です。

2010/02/04(Thu) | neko-neko | URL | Edit
 

No Title

>neko-nekoさん

いらっしゃいまし~。テンプレート、変えましたが。。。
実はまだ迷走中(汗)neko-nekoさんちのはかっこいいですよね。

茨城の酒です~。茨城の酒は現在はいくらか試したんですけど、
全体的に辛口傾向の後味スッキリが多いですかねえ。
海のものが多いから、刺身や干物なんかはちょうどいいのかしら。

郷乃誉、利き酒師の方はなんて表現するのか興味あります~。
見かけたらぜひ、飲んでみてください。わたしの見つけられなかった味わいを教えてください(笑)

2010/02/04(Thu) | ともにゃん | URL | Edit
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。