--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月27日(土)

【東京呑食い紀行】1日目・夜

17:30。さあ、暗くなってきました。世は花金(死語か?)。
今日は銀座8丁目、新橋駅ほど近くの「浪速 好み焼 冨くら」へ。

tomikura01

「冨くら」HP:http://www.tomi-kura.com/
「冨くら」ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/b072000/

ご存知の方も多いと思いますが、お笑い芸人「ほんこんさん」こと
蔵野孝洋さんプロデュースのお好み焼き・鉄板焼きのお店。
田舎には、こうゆうお店がなくてね。高級すぎず、チープすぎず、イイ感じです。

あ、あらかじめ言っておきますが、携帯用リセッシュ必携です。笑

さあ、ビールを呑みながらメニューを眺める。。。残念ながら日本酒はあまりなし。

旦那さんが、本場っぽいお好み焼きが食べたくて選んだこのお店。
当然お好み焼きから注文です。「冨くらスペシャル」
それから、牛スジの玉子焼き「スジコンオムレツ」「白子焼き」

目の前で手際よく焼かれる食材たちをガン見。それをツマミにビールを呑む。笑
やっぱカウンターはいいですね。他の人が頼んだものを見て、チェックを入れる。笑

スジコンオムレツ。タマゴとろっとろで、牛スジは味がしっかり入ってホロホロ☆
お好み焼きは、具財がたくさん入って、食感が楽しめます。
焼き加減が絶妙で、自分で焼いたのはもう食べられないな。爆

tomikura_special01
(冨くらHPより転載。こんなに上手に撮れませんもの。)

濃い目の味で、ビールがごくごく!いや、ごっきゅごきゅ!ノってきました。

続いて白子焼き。表面はこんがり、中ふわふわ~!
夢中だしカウンターで恥ずかしいしで、写真を遠慮したのが悔やまれる。(だから転載なんです。)

豚ロースを玉子焼きで包んだ「とんぺい焼き」や「ほたて焼き」「セロリの浅漬け」を注文。
飲み物は次第にサッパリを求めて、「ゆずサワー」や「ライムサワー」へ。

合間に旦那さんが、ちょいちょい尋ねてくる。
「いっちゃう?アレいっちゃう?」「そろそろ頼んじゃう?」「アレ食べないの?」
しきりに確認してくる、「アレ」とは・・・

神戸牛 サーロイン A5クラス

お値段、100g 4200円也~。チーンΣ( ̄□ ̄;)

tomikura_kobegyu01
(冨くらHPより転載。見てるだけでヨダレが。)

いや、きっとA5クラスなら安い方なんでしょう。そういってましたもの。
でもまだ1軒目だし。(そこ?)でも、こんなの食べれる店に今後行くかどうか。
すごく悩んだんですけど。。。。酔ってきたら何でも良くなって、結局頼みました!

よく、溶けるって聞きますよね。でも、角切りは溶けませんでした。
歯ごたえが「さく。」って感じでした。そしてジュワーです。スポンジか、くらいジュワー。
あぁ~。これでやっと、TVで神戸牛A5クラスって言われても、「あぁ、アレね」って言える。笑

すっごいおいしかった。だがしかし、完全にノックアウトです。
えぇ、もたれました。泣 もう胃腸がね、こうゆうのに対応してないの。
急激におなかいっぱいになって。。。も、食えない。

と、思ったところに、「まだ食べられますか?」と店員さん。(・ω・ )?
このサーロイン、食パンの上に乗せてあるんですけど、
この脂を吸ったパンにタマゴを乗せて焼いてくれるそうです。

忙しい時はできないんですが、今は大丈夫なので、どうですか?とのこと。

いただきます。爆

せっかくそう言ってくれるんですから、食べますよ。人の好意は無駄にしません。
相変わらずとろっとろのタマゴを乗せてくれて、香ばしく焼かれたパンを食べました。
おいしかったです。も、腹ぱんぱん。笑

ここでお店を出ました。も、ほんと何も入らん。(=3=)ゲフ
神戸牛を食べると、帰るときお見送りしてくれます。笑 いや、冗談です。

この次、ほんとは蕎麦屋で飲んで〆るつもりだったんですが。。。
もう全然食べられんので断念。時間は20時過ぎ。あとは懇々と呑みたい気分。
銀座をうろつくも、どこもいっぱいのようなので、ホテル近くを探索することに。

日本酒が豊富なところを探し彷徨うこと2、30分。
茅場町駅近くの店「鮮極」に決定。ホテルも近いし、腹もそこそここなした。やるか~。

「鮮極」ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/e277500/

席に着くと、「とりあえずビール」と言ってしまう習性が。笑
腹いっぱいと言っていた気がするが、なぜか刺身や生牡蠣が並ぶ。
お寿司や刺身が売りみたいなんで、つい。。。あはは、自分の容量がコワイ。涙

お酒はまた、利き酒セットがありましたので、それで呑み比べ。
「醸し人九平次 純米吟醸」
まろやか。呑み下した後、キレを感じました。香りはちょっと飛んでたっぽい。
「獺祭 純米大吟醸」
大吟醸~。よう磨かれてます。スイスイ呑めます。含み香が甘い。。
「黒龍 特選吟醸」
澄んだ味わい。初めアルコールの香りを感じましたが、次第にふくよかに。

旦那さんは「十四代 純米吟醸」をご賞味。
甘い!酸もしっかり!後味が丸く、ふくよかな米の味。次第に酸も落ち着き、やわらかく。
「村祐」もあったけど、残念ながら品切れ~。旦那さんは好きな「八海山 純米吟醸」も追加。笑

「鮮極」お酒メニュー:http://r.gnavi.co.jp/e277500/menu5.htm

小一時間ほど呑んで、やっぱ腹がいっぱいなのと、疲れたのとで、早めに帰還。
コンビニで買った缶のハイボールなんか呑んで(呑むんか)、風呂入って寝ました。

・・・夜中。腹痛と吐き気で目が覚める。

まさか、生牡蠣にあたったか!?(-д-|||)

せっかく東京まで来たのに、もう食べられないのか。。。
うんうん言いながら、明け方まで苦しむ。頭痛もする。どうしたことだ。。。

どうやら、高級なお肉が合わなかった様子。

なんて軟弱な胃腸なんだ。。。たかが牛の脂じゃないか。A5になったら消化できんのか。
そして吐き気と頭痛は、ただの二日酔いでした。笑

朝ちょっとゆっくり寝て、なんとか回復。時間は10時。
出遅れてしまったけど、今日は築地だ~!!ソルマック飲んでGO!それでは次回!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
 

Comment


    
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。