--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月12日(金)

【秋田】天の戸・美稲/特別純米《浅舞酒造》

過去呑みのものです。

これは酒屋さんのPOPに惹かれて買いました。でっかい模造紙に
それはもう、あつーい思いがとつとつと書かれていたのです。
読んだら呑んでみたくなるほどの情熱でした。(^ω^;)

それによると、酒屋さん、この酒を呑んでほれ込み、
うちで売らせてくれと頼みにいったが、なにせ小さな蔵、最初は断られた。
だが諦めきれず、何度も何度も蔵に足を運んだところ、こうして来てくれる
のだから、扱ってもらおうか、とのことで、漸く仕入れられました!!

まあありがちな話なんですが、模造紙にびっしり書かれると、ついね。
(茨城県の方へ、その店は水府橋近くの「ワールドリカーイシカワ」さんですょ。)

天の戸1

さて、この「天の戸 美稲」。「美稲」は「うましね」と読みます。
浅舞酒造さんは、この「天の戸」ブランドだけでやっており、この「美稲」は
芳醇純米タイプという位置づけ。(ちなみに辛口の「醇辛」は後日レポしますよ~)

天の戸2

非常に酒米を大事にしており、「酒は田んぼから」と、地元の農家さんと一緒のお写真。
さらに酵母は秋田県開発の「AK-1」、秋田産づくしの一本なのですね。

お味のほうは、芳醇といえど、東北はやや辛口仕上げが多いので、
甘くふんわりとした香りでも、しっかりくっきりな味わいで、米の味が楽しめます。
ただし、呑んだ後はスッと消えてさわやか。くどさが残らないので、酒が進むぅ☆

これは。。。うまかった。(^ω^)
ワールドリカーイシカワさん、グッジョブです!

☆spec☆

「天の戸 美稲(うましね) 特別純米」720ml 1400円くらい

浅舞酒造HP:http://www.amanoto.co.jp/top.html

《蔵公表》
■原料米 吟の精(麹米)
      美山錦(掛米)
■精米歩合 55%
■使用酵母 AK-1(秋田流花酵母)
■日本酒度 +4
■酸度/アミノ酸度 1.5/1.2
■アルコール度数 15.5


↑コチラのお店は、梱包丁寧、在庫があれば出荷迅速でございます。


おいしゅうございました。。。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 

Comment


    
 

No Title

これは、裏ラベルの農家の方々の写真、白黒なんですねぇ。
親爺が呑んだのは、カラーだったです。
なにか、蔵元(杜氏)の意図があるのでしょうか??

2010/03/12(Fri) | 酒呑親爺 | URL | Edit
 

>酒呑親爺さん

うえぇぇっ!Σ(’Д’ノ)ノ

そ、そうなんですかー!
意図なのかなあ。。。経費削減なのかなあ。。。

表のラベルは特色インクだしラメも入ってるから、お金かかってますよね。
裏は、第二版とかから経費削減で白黒に・・・?

いや、せっかく刷版作ったら、使わないともったいない。。。簡易印刷かしら。
小さいお蔵さんだと、ラベル貼りも蔵人の仕事ですもんね。

なんて、完全に経費削減だと思ってしまった。邪推、邪推。

2010/03/12(Fri) | ともにゃん | URL | Edit
 

No Title

私もこのお酒、呑んだ事ありますね~。
例の「めざマル酒」です。
近所の酒屋さんにも扱いがあるので、
裏ラベルがカラーかどうか白黒させますね!
(うっ、寒い…)

2010/03/12(Fri) | dians | URL | Edit
 

>diansさん

すってーんっ。(つ  )つ

ざ、座布団ぼっしゅーとっ!笑

diansさんちで、「めざマル酒」のレポ読んできました。
あのめざまし君、やっぱ撮りますよね。笑

店員さんがちょっとクドくて、すぐ帰りましたが、
もっと薦めてくれれば、とめどなく呑んだのに。。。
悔やまれます。笑

2010/03/12(Fri) | ともにゃん | URL | Edit
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。