--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月14日(日)

【本】日本酒を味わう―田崎真也の仕事 《朝日選書)》

これは超オススメでございます。

日本酒を味わう―田崎真也の仕事 (朝日選書)日本酒を味わう―田崎真也の仕事 (朝日選書)
(2002/05)
田崎 真也

商品詳細を見る


尊敬する田崎氏の新書本です。

世界的ソムリエである田崎氏ですが、実は利酒師制度を管理する
「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)」の発起人でもあります。

この本は、様々な銘柄の日本酒を、様々な基準で比較し、どう味わいが変化するのかを
田崎氏の舌と表現をもって、解説
してもらう本です。

その比較基準は、例えば、同じ蔵の酒で酒米を変えてみたり、磨き方を変えてみたり、
酵母を変えてみたり、またはこの酒をいろいろな温度帯で呑んでみた、などなど。

なんとなくこうなるのでは?と思っているものを、実際にテイスティングして味わいを述べ、
このような違いがみられる、といった解説をしてくれる。実験的な試みが興味深い。

ソムリエの表現は大変面白く、そこまで汲み取れるのか、と感心しきりです。

また各所に、この酒はこんな料理に合うでしょう、といった、ソムリエならではの
アドバイスが、わたくしのツボでした!読んでるだけで、おいしそう(´ρ`)タラー

小さい書店だと、あまり置いてないかもしれませんが、、、
日本酒好きには読んでいただきたい一冊!!
でございます。

スポンサーサイト
 

Comment


    
 

No Title

ほ~、この本持ってる(読んでる)なんて、すごいですねー。
親爺は、初版本(増刷されたかどうかは知らないが)の第一刷を持ってます。(←威張ってます。(笑 )

2010/03/14(Sun) | 酒呑親爺 | URL | Edit
 

>酒呑親爺さん

おぉーさすが親爺殿!読んでらした!
(^∀^人)パチパチパチ

わたしはこの本、最初は図書館で借りて読んだんですが、
あまりに素晴らしいので、amazonでわざわざ買いましたもの。

確認しましたが、わたしのも第一版ですよ~。笑
きっと増刷されてないんじゃないですかねえ。
ほんと、田舎ではそこそこでかい本屋でも置いてませんから。
「朝日選書」ってゆうカテゴリがまず珍しいですよねえ。

ぜひ増刷してもらうくらい、皆さんに読んでもらいたいです。

2010/03/15(Mon) | ともにゃん | URL | Edit
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。